ここから本文です

インテルの選手としてUCLへ イカルディ「2015-16シーズンは出場に近づいた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月5日(火)18時15分配信

インテルでの出場にこだわる

トッテナム、アトレティコ・マドリードなど国外の複数クラブが関心を示しているインテルFWマウロ・イカルディは、今夏の目玉選手の1人となっている。イカルディはチャンピオンズリーグの舞台でプレイするにふさわしい選手だが、どうやらインテルで出場することにこだわりがあるようだ。

伊『Inter Channel』によると、イカルディは新シーズンに向けて気合が入っていることをアピールし、目標はチャンピオンズリーグ出場権を獲得することだと主張した。

「目標は常にチャンピオンズリーグの舞台に戻ることだ。なぜならインテルは世界最高のクラブの1つで、チャンピオンズリーグの舞台にふさわしいチームだからね。2015-16シーズンは出場に近づいたんだ。今僕たちは偉大なことをしたいと思っているよ」

インテルは今季を4位で終えており、惜しくもチャンピオンズリーグ出場権獲得はならなかった。惜しいとは言っても3位ローマとは勝ち点差が13も離れており、この差を何とか埋めていかなければならない。

イカルディはキャプテンマークを巻くことにも責任と誇りを感じているとコメントしており、インテル愛を貫いている。今夏にチャンピオンズリーグ出場権を持つクラブに移籍することもできるが、あくまで希望はインテルの選手として出場することにあるようだ。

最終更新:7月5日(火)18時15分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。