ここから本文です

嫌いな選手でさえ認めざるを得ないペップの手腕、ギュンドアン「ズラタンがいい例だ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/5(火) 20:00配信

「地球上で一番の監督」

やはり現在、欧州でナンバーワンの監督はジョゼップ・グアルディオラなのかもしれない。

今夏、ドルトムントからマンチェスター・シティへと加入したイルカイ・ギュンドアンはペップに対して大きな信頼を置いているようだ。英『the guardian』で同選手は「時間はかかるかもしれない。でもすべてが可能だよ。ペップはしなければならないこと、変えなければならないことをわかっていると思う。彼は僕にとって地球上で一番の監督だからね。彼は僕らを素晴らしいレベルに引き上げてくれると思う」と話した。

また、その手腕は同監督が嫌いな選手でさえ認めざるを得ないほどだとギュンドアンは述べている。

「彼が嫌いな選手でさえ評価している。ズラタン(・イブラヒモビッチ)がいい例だ。彼の本でペップのことが嫌いだと読んだが、仕事をしてきた中で一番の監督だと言っていたよ。彼は正直だよね。同じことはバイエルンの選手からも聞いている」

プレイスタイルも陣容も様変わりすることは間違いないペップ・シティ。来季どのような戦いを見せてくれるのか注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/5(火) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報