ここから本文です

クラブでは32得点を挙げたが…… EURO無得点の選手にレーヴ監督「我々が必要な時に決める」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月5日(火)23時0分配信

準決勝で真価を発揮できるか

ドイツ代表MFトーマス・ミュラーは首をかしげているかもしれない。

所属クラブのバイエルンでは昨季32得点を挙げ、ワールドカップをはじめ代表でも数多くの重要なゴールを奪ってきたミュラー。しかし、ことEUROに関していえば、彼は自らのゴールを祝えたことがない。EURO通算9試合でノーゴール。彼の残してきた実績を考えれば、納得しがたいものだ。

しかし、チームを率いるヨアヒム・レーヴ監督はなぜかEUROで力を発揮できないミュラーのことを擁護している。独『Bild』がコメントを伝えた。

「少し不思議だなとは思っているよ。でもチームが本当に得点を求めているとき、彼が決めてくれると感じている」

UCL決勝やW杯準決勝など重要な局面で価値あるゴールを決めてきたミュラー。EURO準決勝という大舞台で初ゴールを挙げることはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月5日(火)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。