ここから本文です

ハミルトンはチームオーダーに反対。ロズベルグは「受け入れる」と意見が対立

オートスポーツweb 7月5日(火)12時22分配信

 F1オーストリアGPで発生したチームメイト同士の接触事故を受けて、メルセデス・モータースポーツのトップであるトト・ウォルフはチームオーダーの導入を示唆した。しかしルイス・ハミルトンは、これに反対している。

これ以上の接触事故を避けるため、メルセデスはチームオーダー導入を検討中

 事故はオーストリアGPの最終ラップで、先頭を走るロズベルグをハミルトンがアウト側からオーバーテイクしようとした際に発生した。この件ではスチュワードにより、ロズベルグの責任が問われることとなった。ふたりが同士討ちの接触事故を演じたのは、過去5レースで2度目。ウォルフは今週末に迫ったイギリスGPを前にチームオーダーの導入を真剣に検討していると語ったが、ハミルトンはこれを阻止しようとしている。

 チームオーダー導入により気分が沈むか、と聞かれたハミルトンは次のように答えた。

「気分が沈むとは言わない。僕の気持ちを沈めようとしたら、もっといろいろなことが起こらないとね。でも、そうだね。僕はレースがしたいんだ。他のドライバーを打ち負かし、最高のレースをして、最高のドライバーになりたいという気持ちとともに、僕は成長してきた」

 また、ハミルトンは以前フェラーリでミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロの間にチームオーダーが出された件を振り返った。

「ミハエルとバリチェロの(チームオーダーが出されたシーンの)リプレイ映像を、何年も前に見た。当時はファンとして、がっかりしたよ。ああいったものは2度と見たくない。トト(ウォルフ)とニキ(ラウダ)の素晴らしいところは、この3年間、僕らを自由に競わせてくれたところだ。それがレースというものなんだ。いつも完璧にはいかないけれど、それもモータースポーツだ」

「エンジニアやメカニックは、さまざまなカテゴリーを経験していて、良いところも悪いところも見てきている。こういうことが起きるということも、わかっている。時速300km/h以上でドライビングをしている僕らに、ひとつも問題を起こすなというのか? それは無理だよ。事態が変わらず、僕らがレースを続けられることを願っている。それが、この競技を愛する僕の本音だ」

 一方でロズベルグは、メルセデスが必要と感じているのであれば、チームの指示を受け入れるとの姿勢を明らかにした。

「トトとパディ(ロウ)は極めて有能な人間であり(決定は)彼らに委ねられている。彼らが、それを必要な方向性であると感じるのなら僕は受け入れる。それだけだ。僕が、どうこうするような問題ではない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月5日(火)12時23分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。