ここから本文です

ジョージ・クリントン&P-FUNK軍団が11月に来日公演決定

Billboard Japan 7月5日(火)15時0分配信

 2015年の来日公演でも大所帯の個性あふれるメンバーを率いて迫力のステージを披露したジョージ・クリントン&P-FUNK軍団が、今年も11月に来日公演を行うことが決定した。

 ジョージ・クリントン、そして彼のP-FUNK軍団は、パーラメントとファンカデリックという二つの名義を自在に使い分け、1960年代末からファンクの心臓部を担ってきた。名盤『マザー・シップ・コネクション』や『ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ』などに刻まれた、うねるように続くファンク・グルーヴとメッセージ、世界観はプリンスやディアンジェロなど後継に絶大な影響を与え、近年もケンドリック・ラマーやアイスキューブとのコラボが話題となった。また、7月15日には自伝『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝』も日本発売となる。

 公演は11月28日にビルボードライブ大阪、11月29日と30日にビルボードライブ東京で行われる。メッセージ、ファッション、世界観、そしてグルーヴの洪水で、ファンクそのものを体現する彼らのライブに注目が集まる。

◎公演情報
ビルボードライブ大阪
11月28日(月)
1stステージ OPEN 17:30/START 18:30
2ndステージ OPEN 20:30/START 21:30

ビルボードライブ東京
11月29日(火)~30日(水)
1stステージ OPEN 17:30/START 19:00
2ndステージ OPEN 20:45/START 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

最終更新:7月5日(火)15時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。