ここから本文です

「こんにちは。八代亜紀です」ピクサー史上初、日米の有名スターが“本人役”出演

クランクイン! 7/5(火) 5:00配信

 ディズニー/ピクサーのアニメ映画『ファインディング・ニモ』の1年後の世界を描く『ファインディング・ドリー』(7月16日全国公開)にて、日本語吹替版では大物歌手・八代亜紀が抜擢され、”本人役”として登場することが発表された。その登場シーンをおさめた本編特別映像も解禁になった。

【関連】『ファインディング・ドリー』フォトギャラリー


 本作は主人公ドリーが唯一忘れなかった家族の思い出を探すため、ニモとマーリンと一緒に海の生物にとって禁断の“人間の世界”で大冒険を繰り広げるストーリー。日本版エンドソングを歌い、声優にも初挑戦すると発表されていた八代は、ドリーが迷い込む海洋生物研究所のアナウンス役として、八代が“本人”として登場する。

 今回公開された映像は、八代亜紀の初登場シーン。ドリーが海の中で迷子になっていると、海上から「こんにちは」という女性の声が聞こえ、その声の主は「八代亜紀です」と名乗る。その声に「ああ、どうも、八代さん。助けてもらえない?」と答えるドリー。ディズニー/ピクサーの作品でキャラクターが実在の有名人の名前を呼ぶことは異例で、その意味でも興味深いシーンとなっている。

 まさかの本人役で登場という役柄を知った八代は「アニメーションで八代亜紀役の出演は初めてでした。八代さん!とドリーが言うセリフにはびっくりしましたね」と人気キャラとの共演に喜んでいる様子。また、今回のアフレコについては「監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないと言われてとても難しかったですね」と振り返っている。

 ちなみに字幕版で同役を務めるのは『アバタ―』や、『エイリアン』シリーズなどの大女優シガニー・ウィーバー。字幕版ではシガニーの声、日本語吹替版では八代の声、2人の大物スターがドリーたちとどうやって会話をするのか見比べてみるのも面白いだろう。

最終更新:7/5(火) 5:00

クランクイン!