ここから本文です

戸田恵梨香、“弥海砂”の手にデスノートが!? 10年を経て再び事件のカギを握るのか…

クランクイン! 7月5日(火)7時0分配信

 大場つぐみ・小畑健によるコミックを原作とした映画『DEATH NOTE』から10年後の舞台を描いた『デスノート Light up the NEW world』より、戸田恵梨香が演じる“ミサミサ”こと弥海砂の場面写真が解禁となった。

【関連】弥海砂役「戸田恵梨香」フォトギャラリー


 本作は、名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を巡るサスペンス。前作で、理想の世界を作り上げようとした夜神月(ヤガミ・ライト)と世界的名探偵・Lの死から10年、死神が再び地上にばらまいたデスノートにより、世界中が大混乱に陥るさまを描く。
 
 戸田演じる弥海砂は10年前、キラを崇拝し月の恋人であったが、月とLの最期の決着を目の当たりにし、深い悲しみに。彼女はその後、所有権を失いデスノートに関する記憶を失う。そして、10年の時を経てアイドルから女優へと成長を遂げた海砂。月とLの死闘の真相を目撃した海砂の記憶は、世界を大混乱に陥れる新たな“キラ事件”の鍵となるのか…。
 
 今回、解禁となった新たな場面写真には、戸田演じる海砂が楽屋にてデスノートを手にする姿が映る。このノートは一体誰がもたらし、海砂は再びデスノートを使ってしまうのか?原作に存在しながらも未だ使われていなかった“6冊ルール”を採用した今作で、海砂が今回のデスノート争奪戦に参戦することを期待させる様な写真となっている。
 
 『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より全国ロードショー。

最終更新:7月5日(火)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。