ここから本文です

地域の観光資源に触れる 朝日・泊高生

北日本新聞 7月5日(火)16時17分配信

 泊高校(朝日町道下、毛呂宏一校長)観光ビジネスコースは5日、「朝日町フィールドワーク」を行い、2年生24人が町内にある観光名所などを巡って地域の魅力に理解を深めた。

 生徒たちは境関所跡やヒスイ海岸、国史跡の不動堂遺跡、町歴史公園などをバスで訪問した。同遺跡で復元された国内最大級の竪穴式住居を見学し、同公園内の旧川上家では町特産のバタバタ茶を実際にたてて試飲した。

 各スポットで数人ずつがガイド役を務め、事前に調べてきた内容を紹介しながら他の生徒を案内した。同行したあさひガイドグループ代表の水野瑠美子さんが補足説明し、相手に伝わりやすい話し方をアドバイスした。

 フィールドワークは総合的な学習の一環として毎年実施している。

北日本新聞社

最終更新:7月5日(火)16時17分

北日本新聞