ここから本文です

ふるさと応援で結束 10月21日、都内で県人祭

北國新聞社 7/5(火) 2:51配信

 首都圏で暮らす石川県出身者や県ゆかりの人が一堂に集う「第9回いしかわ県人祭in東京」は10月21日、東京・文京区のホテル椿山荘東京で開かれる。今年も千人の参加者を募り、ふるさとの応援団として結束を固める。

 4日に同ホテルで実行委員会の初会合が開かれ、石田寛人委員長が「石川のさらなる繁栄に向けてサポートを続けたい」、森仁美副委員長が「10月の第9回に向け、大いに盛り上げていきたい」とあいさつした。

 開催概要や当日の企画案を打ち合わせ、石川の食材を用いた料理の提供や県内各地の特産品を販売する物産市、茶席の設置などを決めた。

 県人祭は県人会や石川県、北國新聞社が世話役となり、2008年に始まった。首都圏の県人らが年に一度集まり、交流を深めている。

北國新聞社

最終更新:7/5(火) 2:51

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革