ここから本文です

「財産は永遠に残る」…S・ラモス、退任のスペイン代表監督に感謝

SOCCER KING 7月5日(火)9時17分配信

 スペインサッカー連盟(RFEF)は4日、同国代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が退任すると発表した。同監督の下でプレーし、2010年の南アフリカ・ワールドカップやユーロ2012制覇を果たしたDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が自身のSNSを更新し、感謝の意をつづった。

 S・ラモスはインスタグラムとツイッターを更新。デル・ボスケ監督に向けて「今日、あなたは(指揮官の座から)出ていく(去る)が、永遠の財産を残してくれた。監督として、人として(今後の)成功を」とメッセージをつづっている。

 デル・ボスケ監督は2008年7月、スペイン代表指揮官に就任。ユーロ2008制覇直後のチームを率いて2010年の南アフリカ・ワールドカップに臨むと、同国代表を初の世界制覇に導いた。そして2年後のユーロ2012では大会連覇を達成。現在開催中のユーロ2016では大会3連覇を目指したが、ラウンド16でイタリア代表に0-2と敗れて敗退が決定した。

 2006年からスペイン代表でプレーしているS・ラモスは、同監督が指揮を執った8年間、チームの主力選手として活躍。デル・ボスケ監督の最後の大会となったユーロ2016ではキャプテンマークを巻いてピッチに立ち、ラウンド16までの全4試合にフル出場した。

SOCCER KING

最終更新:7月5日(火)9時17分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。