ここから本文です

マンCが今夏3人目の補強…“ウクライナの至宝”19歳MFジンチェンコを獲得

SOCCER KING 7月5日(火)9時41分配信

 マンチェスター・Cは4日、ロシア・プレミアリーグのFCウファに所属するウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得したと発表した。クラブの公式ツイッターが伝えている。

 ジンチェンコは1996年生まれの19歳。昨年10月にウクライナ代表デビューを果たすと、代表2戦目となった5月29日の国際親善試合ルーマニア代表戦で初ゴールを決めた。19歳214日でのゴールで、ウクライナ代表の歴代最年少得点記録を更新している。ユーロ2016のメンバーにも名を連ね、グループステージ全3試合に出場した。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』は、“ウクライナの至宝”とも称されるジンチェンコについて「ボールコントロールに秀でたドリブラーで、パスやクロスも備えている」とプレースタイルを紹介。「2016-17シーズンはレンタル移籍で他クラブへ行くことになるだろう」と、併せて伝えられている。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したマンチェスター・Cは今夏の移籍市場で、ドルトムントからドイツ人MFイルカイ・ギュンドアン、セルタからスペイン代表FWノリートを獲得。ジンチェンコは3人目の補強となる。

SOCCER KING

最終更新:7月5日(火)14時37分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。