ここから本文です

岡崎にライバル出現か…レスター、クラブ史上最高額で23歳FW獲得へ

SOCCER KING 7月5日(火)13時14分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターが、CSKAモスクワに所属するナイジェリア代表FWアーメド・ムサを獲得する見通しとなった。イギリス紙『テレグラフ』が4日に報じている。

 同紙によれば、レスターはクラブ史上最高額となる移籍金1600万ポンド(約21億7000万円)を用意し、ムサ獲得に迫っている。同クラブは以前からムサに関心を示しており、今年1月に提示したオファーはCSKAモスクワに断られたものの、5月に交渉を再開。今夏の移籍市場における補強のトップターゲットに据えていたという。同選手は6日にメディカルチェックを受け、契約にサインをする見通しだ。

 ムサは1992年生まれの23歳。ナイジェリア国内の複数クラブを渡り歩き、2010年にVVVフェンロへ移籍した。2012年1月からはCSKAモスクワに所属。ミランの日本代表FW本田圭佑とともに両クラブでプレーしていた。

 ムサは2015-16シーズンのロシア・プレミアリーグで30試合に出場し、13ゴールを記録。同選手は2010年からナイジェリア代表にも名を連ね、2014年のブラジル・ワールドカップでは、グループステージ第3節のアルゼンチン代表戦で2ゴールを挙げている。

SOCCER KING

最終更新:7月5日(火)14時10分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。