ここから本文です

“移籍有力”報道から一転…パリSG会長、ハメス獲得を否定「事実無根」

SOCCER KING 7月5日(火)17時5分配信

 パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長が、レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得へ向けた動きを完全否定した。大手メディア『ESPN』が4日に報じている。

 J・ロドリゲスについては、6月29日付のイギリス紙『デイリーメール』がパリ・サンジェルマン移籍が有力と報道。同選手に対してはマンチェスター・Cとチェルシーも興味を示しているものの、パリ・サンジェルマンが獲得レースをリードしていると伝えられていた。

 しかし、今回の報道によると、パリ・サンジェルマンのケライフィ会長がJ・ロドリゲス獲得へ向けた動きを完全否定した。同会長は「それは事実無根だ。彼(J・ロドリゲス)とも、レアル・マドリードとも話をしていない。誰とも話をしていないんだ」と述べ、同選手の獲得を否定している。

 移籍先の有力候補と見られていたパリ・サンジェルマンが獲得を否定したことで、今後もJ・ロドリゲスの去就に関する情報が錯綜することになりそうだ。

 なお、6月22日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によると、J・ロドリゲスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏がマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督に対して移籍に向けた打診を行っている。また、スペインのサッカー専門誌『Don Balon』電子版によれば、同選手がマンチェスター市中心部から15キロメートルほど離れた地域で新居を探しているとの報道もあった。

 J・ロドリゲスはレアル・マドリード加入2年目の2015-16シーズン、リーガ・エスパニョーラでは26試合出場7ゴールを記録したが、先発出場は17試合。全38試合の半数にも満たなかった。5月28日のチャンピオンズリーグ決勝アトレティコ・マドリード戦でもピッチに立つことはできず、公式戦通算では2014-15シーズンより14試合も少ない32試合出場にとどまった。

SOCCER KING

最終更新:7月5日(火)17時49分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]