ここから本文です

本田が初代受賞者に…副賞の賞金5000万円は「意味のある形で使いたい」

SOCCER KING 7月5日(火)15時2分配信

 日本代表FW本田圭佑(ミラン)が5日、『デジタルガレージ ファーストペンギンアワード』の初代受賞者として表彰を受けた。

 この賞は、海の中にいる獲物を得るために自らを危険にさらすことを覚悟して、氷床から真っ先に海に飛び込むペンギンになぞらえ、科学技術、芸術、スポーツなどの分野で世界を舞台に独創的な挑戦を続ける人を称えるもの。第1回は、現役選手でありながら、サッカー選手の枠にとらわれず経営者や教育者としての活動を展開する本田が選出された。

 グレーのスーツに自身が立ち上げたライフスタイルブランド『KSK』のネクタイ姿で登場した本田は、「最初に(受賞を)聞いた時はびっくりしました。この賞に恥じないようにしたい」と受賞の喜びをコメント。副賞の賞金5000万円については「意味のある形で使っていきたい」と語った。

SOCCER KING

最終更新:7月5日(火)15時59分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。