ここから本文です

一時代の終焉…スペインをW杯&EURO制覇に導いたデル・ボスケ監督が退任

ゲキサカ 7月5日(火)8時40分配信

 スペインサッカー連盟(RFEF)は4日、同国代表のビセンテ・デル・ボスケ(65)監督が退任することを発表した。

 デル・ボスケ監督は2008年にEUROを制したルイス・アラゴネス前監督の後任として指揮官に就任。以後、2010年の南アフリカW杯、2012年のEUROを制していた。しかし、2014年のブラジルW杯ではグループリーグで敗退。さらに3連覇がかかったEURO2016では決勝トーナメント1回戦でイタリア代表に敗れ、大会を去っていた。

 RFEFによると、デル・ボスケ監督はアンヘル・マリア・ビジャール会長に退任の意向を伝えたという。同会長はデル・ボスケ監督を「スペインサッカー界の財産」と称し、連盟に留まるよう要請。今後、数週間のうちにデル・ボスケ監督の新たなポストが発表される見込みとなっている。

最終更新:7月5日(火)8時40分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]