ここから本文です

“神の子”トーレスがアトレティコとの契約を1年延長「本当に嬉しい」

ゲキサカ 7月5日(火)9時20分配信

 アトレティコ・マドリーは4日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(32)と2016-17シーズン終了まで延長すると発表した。

 下部組織出身のトーレスは、2001年に17歳トップチームデビュー。2007年夏にリバプールへ移籍し、チェルシー、ミランを経て、昨年1月に1年半のレンタル移籍でアトレティコに復帰。15-16シーズンは出場30試合で先発は17試合にとどまったが、チーム2位の11得点を記録し、同クラブが新契約を提示する運びとなった。

 エル・ニーニョ(神の子)はクラブを通じて「自分の家のように感じるクラブに残れて本当に嬉しい。ここに残りたいといつも思い続けてきた。そんな唯一の場所なんだ。それが実現できたね」と喜びを述べた。

最終更新:7月5日(火)9時21分

ゲキサカ