ここから本文です

ウェールズとポルトガルがドイツ勝利を期待する理由とは…

ゲキサカ 7月5日(火)13時18分配信

 ウェールズ代表とポルトガル代表は6日にEURO2016準決勝を行う。両チームは決勝進出に加えて、モチベーションとなるものがもう1つあるようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 EURO2016の優勝国は2017年6月にロシアで開催されるコンフェデレーションズ杯の出場権を獲得する。すでに開催国のロシア代表と、前回W杯の王者のドイツ代表の出場が決まっている。仮に7日の準決勝でドイツがフランス代表に勝利し、決勝進出を決めれば、ウェールズ対ポルトガル戦の勝者が、コンフェデレーションズ杯の出場権を手にすることになる。

 コンフェデレーションズ杯は8チームが2つのグループに分かれ、上位2チームが準決勝に進出。7月2日に決勝戦が行われる。すでに、ロシアとドイツのほかにオーストラリア代表、チリ代表、メキシコ代表、ニュージーランド代表の出場が決まっている。これまでコンフェデレーションズ杯に参加した欧州の代表チームは7か国しかなく、ウェールズまたはポルトガルが出場となれば、初となる。

 ウェールズとポルトガルは決勝進出はもちろん、コンフェデレーションズ杯出場をモチベーションに準決勝を戦い、勝者は翌日のドイツ対フランスでドイツを全力で応援することになるだろう。

最終更新:7月5日(火)13時18分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。