ここから本文です

大宮に痛手…チーム最多得点の家長と主力SB和田がともに全治約3週間の負傷

ゲキサカ 7月5日(火)15時8分配信

 大宮アルディージャは5日、MF家長昭博とDF和田拓也が6月29日の練習中に負傷していたことを発表した。診察の結果、家長は左ハムストリング肉離れで全治約3週間。和田は左肘関節脱臼で全治約3週間と診断された。なお、両選手ともリハビリ後、トレーニングに合流する予定となっている。

 副キャプテンの家長はここまでリーグ戦16試合に出場し、チーム最多の5得点を記録。和田は左右のサイドバックをこなし、リーグ戦17試合に出場していた。

最終更新:7月5日(火)15時8分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。