ここから本文です

リオ五輪代表の背番号発表…中島が10番に復帰! 矢島は9、“アーセナル”浅野は16

ゲキサカ 7月5日(火)18時29分配信

 日本サッカー協会(JFA)は5日、リオデジャネイロ五輪代表メンバー18人の背番号を発表した。注目されていた10番はMF中島翔哉(FC東京)がつけ、6月29日の南アフリカ戦で10番をつけたMF矢島慎也(岡山)は9番をつける。アーセナルへの移籍が決まったFW浅野拓磨(広島)は16番に決まった。

 また、オーバーエイジのFW興梠慎三(浦和)は13番、DF藤春廣輝(G大阪)は4番、DF塩谷司(広島)は6番をつける。

 五輪本大会でB組に入っている日本は8月5日にナイジェリア、8日にコロンビア、11日にスウェーデンと対戦する。

 以下、五輪代表メンバー背番号

▽GK
1 櫛引政敏(鹿島)
12 中村航輔(柏)

▽DF
4 藤春廣輝(G大阪)OA
6 塩谷司(広島)OA
15 亀川諒史(福岡)
2 室屋成(FC東京)
17 岩波拓也(神戸)
5 植田直通(鹿島)

▽MF
8 大島僚太(川崎F)
3 遠藤航(浦和)
7 原川力(川崎F)
9 矢島慎也(岡山)
10 中島翔哉(FC東京)
18 南野拓実(ザルツブルク)
14 井手口陽介(G大阪)

▽FW
13 興梠慎三(浦和)OA
11 久保裕也(ヤングボーイズ)
16 浅野拓磨(広島)

 以下、バックアップメンバー

GK 22 杉本大地(徳島)
DF 20 中谷進之介(柏)
MF 21 野津田岳人(新潟)
FW 19 鈴木武蔵(新潟)

最終更新:7月5日(火)18時35分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。