ここから本文です

第67回早慶戦開催!早稲田大の5連覇か…慶應義塾大が意地みせるか

ゲキサカ 7月5日(火)22時25分配信

 第67回早慶サッカー定期戦および第15回早慶女子サッカー定期戦があす6日、神奈川県・等々力陸上競技場で行われる。早稲田大と慶應義塾大の激突する歴史ある一戦。勝つのはどちらか。

 早慶戦では2012年の第63回大会から早稲田大が4連覇中。4年連続で完封勝利を継続している。慶應義塾大としては、5年ぶりの勝利を手にしたいところ。主将のMF宮地元貴(4年=東京Vユース)を中心に、DF新井純平(4年=浦和ユース)率いる海老茶の戦士たちに臨む。

 なお、今季の関東大学リーグの前期を終え、慶應義塾大は5位、早稲田大は9位。直接の対戦成績では、5月28日に行われた関東大学リーグの第9節で慶應義塾大が早稲田大にFW田中健太(3年=横浜FMユース)の2得点で2-1で勝利した。

 しかし、全国行きのかかった6月27日のアミノバイタルカップ2回戦(総理大臣杯予選)では、早稲田大がDF熊本雄太(3年=東福岡高)の2得点で2-0の完封勝利。今季は1勝1分と五分の状況だ。

 注目選手としては、早稲田大は故障から戻ってきた10番のFW山内寛史(4年=國學院久我山高)や、アミノ杯で3戦連続ヘディング弾を叩き込んでいた熊本、新井主将が挙げられる。

 慶應義塾大では宮地主将や10番を背負うFW山本哲平(4年=國學院久我山高)らだけでなく、ルーキーGK上田朝都(1年=横浜FMユース)にも期待がかかる。早慶戦の独特な雰囲気のなか、1年生守護神がどのようなプレーをみせるか注目だ。

 早慶戦はあす7月6日に等々力陸上競技場で行われ、女子部の試合は16時半キックオフ。男子部の試合は19時キックオフ予定となっている。

大会概要は以下のとおり

■大会名称
第67回早慶サッカー定期戦/第15回早慶女子サッカー定期戦
■主催
一般社団法人神奈川県サッカー協会
■主管
慶應義塾体育会ソッカー部 早稲田大学ア式蹴球部
■後援
朝日新聞社
■実施運営
第67回早慶サッカー定期戦委員会

▽開催日時
平成28年7月6日(水)
女子部 午後4時30分キックオフ
男子部 午後7時キックオフ

▽会場
等々力陸上競技場

▽入場料
前売券 900円
当日券 1000円
小学生以下 無料

▽対戦
男子部…早稲田大学ア式蹴球部 対 慶應義塾体育会ソッカー部
女子部…早稲田大学ア式蹴球部女子部 対 慶應義塾体育会ソッカー部女子

最終更新:7月5日(火)22時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]