ここから本文です

中盤での起用続くルーニーにモウリーニョ「彼はフォワードの選手」

ゲキサカ 7月5日(火)22時42分配信

 マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督は、FWウェイン・ルーニーを「9番」か「10番」の選手だと考えているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 ユナイテッドとイングランド代表のエースストライカーとして長年プレーし、数多くのゴールを記録してきたルーニーだが、ここ数年は中盤で起用される機会が増えてきた。ルーニー自身も「僕はポール・スコールズを意識してプレーしている。彼がしたようなプレーにこれからも挑戦したいね」と中盤起用に前向きだった。

 ルーニーは、イングランド代表として出場したEURO2016でも中盤で起用されていたが、モウリーニョ監督は「選手はキャリアを積むにつれて変わる。持てる素質も違ってくる」と前置きをした上で「決して変わることのないものがある。それはボールをゴールに入れたい、と感じる天性の嗅覚だ。優れたパス技術を持った選手は大勢いる。しかし、ゴールにボールを入れられる選手はそう多くない。私にとって彼は『9番』か『10番』、もしくは『9.5番』であって、『6番』や『8番』ではない」とフォワードとして見ていると語った。

最終更新:7月5日(火)22時42分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]