ここから本文です

スバル、BRZを大幅改良

carview! 7月5日(火)14時42分配信

富士重工業は5日、「スバルBRZ」に大掛かりな改良を施し、8月1日に発売すると発表した。2012年2月の発表以来となる今回の大幅改良では、パワーユニットからシャシーまでを進化させ、走行性能を高めるとともに、デザインにも手を加えた。

【スバル BRZの写真をもっと見る(9枚)】

パワーユニットはエンジン本体と吸排気系を改良し、さらにシリンダーヘッドとブロック結合部の剛性を高めた。スペックは最高出力が7ps、最大トルクは7Nm向上した。

足回りについては、コイルスプリングのバネ常数の変更やダンパーの内部構造および減衰力を変更し、スタビライザー系も見直すなど、構成パーツを一新した。結果、操縦安定性と乗り心地が大幅に向上したという。

エクステリアは、新デザインのバンパーやフルLED化したヘッドランプおよびリアコンビランプを採用。フェンダーガーニッシュや17インチアルミホイール、リアスポイラーにも新デザインを取り入れた。

内装は、インストルメントパネルやニーパッド、メーターパネルバイザーにレザー調素材を新たに採用し、随所にレッドステッチを施すことで上質感を高めた。さらに新デザインのステアリングホイールや4.2インチマルチインフォメーションディスプレイも採用した。

価格は、243万円から302万9400円(税込み)。

なお、スバルはBRZにbremboブレーキとSACHSダンパー(ZF社製)を採用した最上級グレード「GT」を2016年秋に発売予定で、そのGTをベースとした特別仕様車「イエローエディション」の先行予約を7月7日に開始すると明らかにした。

株式会社カービュー

最終更新:7月5日(火)15時36分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]