ここから本文です

鈴鹿8耐:公開合同テスト最終日、ヨシムラがワンツー

オートスポーツweb 7月6日(水)21時23分配信

 鈴鹿8耐の公開合同テスト最終日の3日目が行われた。3日目は、昨日の午後から下がった気温のまま、過ごしやすい一日となった。

 午前中に40分の走行が2回、午後には90分のセッションが設けられ、各チーム共にタイムを更新。ヨシムラ スズキ Shell ADVANCEが2分7秒479でトップタイムを記録した。

 2番手タイムもヨシムラで2分7秒796と、ヨシムラが圧勝。3番手タイムを出したのはF.C.C.TSR Honda。そのF.C.C.TSR Hondaは、昨日の2回目のセッション開始早々にドミニク・エガターが転倒してマシンが炎上。以降は3人のライダーが1台のマシンでテストすることになった。

 3日目は1回目のセッション開始早々にパトリック・ジェイコブセンが転倒。またしても1台のマシンで3人のライダーでのテストとなってしまった。

 3日間通して2分7秒台をマークしたのはヨシムラ スズキ Shell ADVANCEの2台のマシンのみ。2分8秒台はF.C.C.TSR Honda を先頭に11台。各チーム共に徐々に仕上がっていることをアピールしていた。

■3日目リザルト
Pos./No./Team/Time
1/12/ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE/2’07.479
2/12/ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE/2’07.795
3/5/F.C.C.TSR Honda/2’08.224
4/103/TOHO Racing/2’08.249
5/87/Team GREEN/2’08.733
6/17/Team KAGAYAMA/2’08.368
7/634/MuSASHi RT ハルク・プロ/2’08.474
8/22/SatuHATI. Honda Team Asia/2’08.498
9/90/au&テルル・KoharaRT/2’08.608
10/87/Team GREEN/2’08.733


[オートスポーツweb 2016年07月06日]

最終更新:7月6日(水)21時23分

オートスポーツweb