ここから本文です

高校生科学技術チャレンジJSEC2016、研究作品募集9/1-10/3

リセマム 7月6日(水)13時15分配信

 朝日新聞社とテレビ朝日が主催する「高校生科学技術チャレンジJSEC2016」では、高校生と3年生までの高等専門学校生を対象に研究作品を募集する。受付期間は9月1日から10月3日まで。上位入賞者は米国で開催される国際大会へと派遣される。

応募方法

 高校生科学技術チャレンジ(Japan Science & Engineering Challenge、通称JSEC、ジェイセック)は、科学ジャンルの自由研究を幅広いカテゴリーから募集する自由研究コンテスト。理数教育の増進に資することで科学技術水準の向上を目指し、自発的に考えて課題を解決する力を若い世代に身につけてもらうことが目的。国際競争力ある人材を育成するために、早くから世界に視野を広げてほしいとしている。

 JSECでは、学術的な研究だけでなく、独創的な視点によるフィールド調査や実験リポート、実験装置の試作、製品開発など、研究を行った能力と可能性、熱意などが評価される。独創性や創意工夫、その研究分野の理解度、分析力、達成度、コミュニケーション能力、情熱などもポイントとなる。

 JSECは、Intel International Science and Engineering Fair(国際学生科学技術フェア) の日本における提携コンテストでもあり、上位入賞者は、米国で開催されるIntel ISEFに派遣される。また、東京大学、大阪大学、千葉大学、神奈川工科大学、東京理科大学、慶應義塾大学、早稲田大学、立命館大学などが実施するAO入試、推薦・特別選抜入試の対象コンテストともなっている。

 応募は個人もしくはチーム単位で申し込む。チーム研究の最終審査会出場は3名までで、国際大会Intel ISEFのチーム要件も3名までとなる。10月中旬から下旬にかけて予備審査、11月上旬に1次審査、12月10日・11日に日本科学未来館(東京お台場)でポスター発表形式によるプレゼンテーション審査による最終審査を行う。最終審査会終了後は、同会場で表彰式も実施予定。

◆高校生科学技術チャレンジJSEC2016
募集期間:9月1日(木)~10月3日(月)
応募方法:応募フォームに必要事項を入力のうえ、Webサイトから応募する
対象:日本国内の高校生・高等専門学校生(3年生まで)
研究内容カテゴリー:動物科学、植物科学、化学、生化学、細胞・分子生物学、微生物学、行動・社会科学、物理学・天文学、地球・環境科学、計算生物学・バイオインフォマティクス、組み込みシステム、システムソフトウェア、ロボット工学・知能機械、機械工学、材料科学、エネルギー:化学的、エネルギー:物理的、環境工学、生物医学・健康科学、生体医工学、トランスレーショナル医科学、数学

《リセマム 神山千寿子》

最終更新:7月6日(水)13時15分

リセマム