ここから本文です

「後妻業」主演の大竹しのぶ、鶴瓶とのベッドシーンは「自然と拒否」

映画.com 7月6日(水)5時0分配信

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・黒川博行氏の著書を原作に、大竹しのぶと豊川悦司が3度目のタッグを組む映画「後妻業」の完成披露イベントが7月5日、映画の舞台となった大阪で行われた。主演の大竹をはじめ共演の豊川、笑福亭鶴瓶、鶴橋康夫監督、黒川氏が、戎橋(えびすばし)を背景にした水上での会見、TOHOシネマズ梅田での舞台挨拶に臨んだ。

【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら

 映画は、資産家の独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる“後妻業”を生業とする女と協力者の男の行く末を描く。大竹が主人公の武内小夜子、豊川が小夜子とともに独り身の老人たちを騙す結婚相談所所長の柏木亨に扮し、鶴瓶が小夜子の次のターゲットとなる舟山喜春を演じた。

 大竹は、「鶴橋組は雰囲気も良くて、きつかったけど毎日『楽しい、楽しい』と思っていました。撮影が終わって仲間とさよならするのが寂しかったくらいです」と撮影当時を懐かしんだが、鶴瓶とのベッドシーンについては「自然と拒否(反応)が出てしまいました(笑)」と告白。一方の鶴瓶は、「大竹しのぶさんとベッドシーンがあると聞き、本も読まずに出演をOKしました。濃厚な『からみ』があります」とおどけて見せたが、実際には監督の指示で「手も触れさせてもらえなかった」と裏側を明かした。

 また、豊川は「大竹しのぶさんは魅力の塊。恐ろしいくらいです」と日本を代表する大女優に最敬礼。大竹も「昔から共演しているので一緒にいて楽だし、楽しいし、芝居なのかわからないくらい自然でいることができました」と相性の良さを見せていた。

 「後妻業」は、大竹、豊川、鶴瓶と尾野真千子、永瀬正敏、風間俊介、津川雅彦、長谷川京子、水川あさみ、余貴美子、森本レオ、六平直政、伊武雅刀ら豪華キャストが共演する。8月27日から全国で公開。

最終更新:7月6日(水)5時0分

映画.com