ここから本文です

iOS用作曲アプリ「KORG Gadget」に、バンダイナムコスタジオ共同開発のゲーム系音源“Kamata”が登場。15日まで発売記念セールも実施中

ファミ通.com 7月6日(水)11時11分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●値段はそれなりだが、思わず燃えるデモは必聴!
 iOS用アプリ「KORG Gadget」は、シンセサイザーなどを手掛ける楽器メーカーのKORGによる作曲アプリ。内蔵シーケンサーと音源を使い、ダンスミュージックを中心にさまざまな曲を作ることができる。

 そんなKORG Gadgetで先日アップデートが行われ、バージョン2.5になるとともに、バンダイナムコスタジオと共同開発したというゲーム系音源“Kamata”が別売りの追加モジュールとして登場した。KORG Gadgetの価格は4800円で、Kamataは1800円。なお7月15日までセール中で、それぞれ2400円(50%オフ)と1200円(33%オフ)で購入可能。

 KORG Gadgetのモジュールでは、チップチューン系の音やSEを飛び道具的に使える“Kingston”が初期から本体に同梱されているが、Kamataではより本格的に80年代の波形メモリ音源をイメージしたサウンドを実現。なおその音色については、デモが3曲SoundCloudに公開中なので、チェックしてみて欲しい。

 なおKORG GadgetではKamata以外に、アコースティックドラム音源“Gladstone”と、ベースギター音源の“Madrid”が追加モジュールとして登場したほか、エフェクトまわりの強化なども行われている。

最終更新:7月6日(水)11時11分

ファミ通.com