ここから本文です

DCドラマ「ルシファー」に「バトルスター・ギャラクティカ」のナンバー6など

シネマトゥデイ 7月6日(水)3時0分配信

 テレビドラマ化されたDCコミックス「ルシファー(原題) / Lucifer」の第2シーズンに、「バトルスター・ギャラクティカ」シリーズでナンバー6を演じたトリシア・ヘルファーと「デクスター ~警察官は殺人鬼」のエイミー・ガルシアがキャスティングされたという。

 Deadlineなどによると、トリシアはルシファー(トム・エリス)の母親シャーロットを演じるとのこと。神である元夫に地獄に閉じ込められていた彼女は、数千年ぶりに自由の身となって地上に戻ってくるそう。シャーロットは大胆不敵で自分の価値を知っており、ルシファーは母親似であることは明らかだという。しかし、ルシファーが人間に魅了され、惹きつけられるのに対し、シャーロットは毛嫌いしているのが大きな相違点のようだ。

 一方、エイミーが演じるのは警察署の新たな科学捜査官エラ・ロペス。治安の悪いデトロイトで育った彼女は敬虔なカトリック教徒の家庭出身で、5人の兄弟に見守られて成長してきたそう。彼女が宗教と科学の両方を信じているところがルシファーの興味を引くという。

 エイミーはテレビドラマ「ラッシュアワー」でディディ・ディアスを演じていたが、第1シーズンでキャンセルされている。(澤田理沙)

最終更新:7月6日(水)3時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。