ここから本文です

願いを込めて天の川トンネルへ 四天王寺で七夕のゆうべ

THE PAGE 7月6日(水)21時35分配信

願いを込めて天の川トンネルへ 四天王寺で七夕のゆうべ THEPAGE大阪

 大阪市天王寺区で「七夕のゆうべ」が6日夜、四天王寺で開かれ、多くの人が天の川をイメージした「笹トンネル」をくぐった。期間は8日まで。

【拡大写真と地図付き】全長27メートル、笹400本、LED電球約3万個のトンネルをくぐる

全長27メートル、笹400本、LED電球約3万個

 このトンネルは全長27メートル、笹400本を使って作られたもの。それに加え天井には天の川をイメージして白と青のLED電球約3万個を点灯させており、すっかり同寺の名物となっている。

 短冊もたくさん用意され、訪れた人たちは祈りを込めて願い事を書く。毎年家族と来ているという大阪市中央区の30代の女性は「何年か来ていると、願い事も変わってきたり。今後は子供は受験とかお願いするのかな。毎年続けます」などとうれしそうに話していた。

 大阪管区気象台によると、同日午後9時の大阪市内の気温は28.2度で湿度は70%と、風は少しあるが蒸し暑くなっている。しかし、訪れた人を涼しくしようとミストシャワーなども用意されており、多くの人が願い事に手を合わせていた。

 8日には短冊を集め「お焚き上げ」が行われる予定。問い合わせはイベントの実行委員会(06・6775・1400)まで。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.654092&lon=135.5164009&z=18

最終更新:7月7日(木)9時21分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。