ここから本文です

願いを込めて天の川トンネルへ 四天王寺で七夕のゆうべ

THE PAGE 7/6(水) 21:35配信

願いを込めて天の川トンネルへ 四天王寺で七夕のゆうべ THEPAGE大阪

 大阪市天王寺区で「七夕のゆうべ」が6日夜、四天王寺で開かれ、多くの人が天の川をイメージした「笹トンネル」をくぐった。期間は8日まで。

【拡大写真と地図付き】全長27メートル、笹400本、LED電球約3万個のトンネルをくぐる

全長27メートル、笹400本、LED電球約3万個

 このトンネルは全長27メートル、笹400本を使って作られたもの。それに加え天井には天の川をイメージして白と青のLED電球約3万個を点灯させており、すっかり同寺の名物となっている。

 短冊もたくさん用意され、訪れた人たちは祈りを込めて願い事を書く。毎年家族と来ているという大阪市中央区の30代の女性は「何年か来ていると、願い事も変わってきたり。今後は子供は受験とかお願いするのかな。毎年続けます」などとうれしそうに話していた。

 大阪管区気象台によると、同日午後9時の大阪市内の気温は28.2度で湿度は70%と、風は少しあるが蒸し暑くなっている。しかし、訪れた人を涼しくしようとミストシャワーなども用意されており、多くの人が願い事に手を合わせていた。

 8日には短冊を集め「お焚き上げ」が行われる予定。問い合わせはイベントの実行委員会(06・6775・1400)まで。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.654092&lon=135.5164009&z=18

最終更新:7/7(木) 9:21

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。