ここから本文です

ピアニストの及川浩治、デビュー21 年目の情熱を込めたリサイタルを開催

CDジャーナル 7月6日(水)17時36分配信

 昨シーズンにデビュー20周年を迎え、ソフィア(ブルガリア)でのコンサートを成功させるなど、日本のピアノ界の中心で充実した活動を続けるピアニストの及川浩治が、ピアノの小品を代表する傑作を選りすぐった〈及川浩治ピアノ・リサイタル〉を9月17日(土)に東京・赤坂 サントリーホールで開催。

 昨シーズンは、ロシア国立響との共演や20周年記念リサイタル・ツアー、20数年ぶりとなったソフィアでの海外公演、3年ぶりに復活した及川浩治トリオ“Bee”でのツアーなど、例年以上の目覚ましい活躍ぶりを見せた及川。なかでも、及川にとって10代の頃に留学した“音楽の原点”ともいえるソフィア公演〈ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 / 共演=ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団〉では、超満員のブルガリア・ホールにて、スタンディングオベーションを巻き起こす大成功を収めました。

 “新たな出発の年”となる21年目のリサイタルで、及川は「別れの曲」や「ラ・カンパネラ」「愛の夢」「月の光」「ラ・ヴァルス」「亡き王女のためのパヴァーヌ」など、ピアノの小品の傑作を演奏予定。及川自身が「若さと夢とロマン、そしてヴィルティオジティ(妙技)にあふれた曲を選択」したと語るように、時に生き生きと、時に繊細に、万華鏡のような輝きを見せる及川のピアニズムを余すところなく伝える内容です。及川は今回のリサイタルに、「色彩豊かなプログラムを通して、さまざまな角度からピアノという楽器の魅力、音の美しさ、そしてピアニストの妙技を皆様にお伝えしたい、と願っています」とのメッセージを寄せています。

最終更新:7月6日(水)17時36分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。