ここから本文です

窪田正孝の一途すぎる愛に涙する女子続出!『MARS』激情の新画像到着

cinemacafe.net 7月6日(水)12時46分配信

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)と窪田正孝がW主演、ヒロインに飯豊まりえを迎えて贈る映画『MARS~ただ、君を愛してる~』。惣領冬実による伝説的コミックが原作ということもあり、本作が公開されるや、中毒性を帯びた衝撃的なストーリー展開と心に傷を抱えた深みのあるキャラクターたちがネットを中心に話題に。なかでも、窪田さん演じる牧生の一途すぎる愛には涙する人が続出だ。今回、その抑えきれない想いを藤ヶ谷さん演じる零にぶつける牧生の新劇中画像とともに、窪田さんのコメントがシネマカフェに到着した。

【画像】牧生を好演する窪田正孝

海で奇跡的に出逢った零とキラ。お互い、過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、恋に落ちる。だが、零の死んだ弟・聖の親友、牧生が現れる。零とキラのよき理解者であるように見えた牧生は、実は零の持つ秘めた一面「怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性」に、強い憧れを抱いていた――。

原作は、講談社「別冊フレンド」にて連載された累計発行部数500万部を超える少女コミック。少女漫画の枠を超えた“究極のラブストーリー”として90年代を席巻し、絶大な支持を得た。そんな少女コミック原作の映画化らしい王道的な胸キュンシーンが満載なのはもちろん、実はそれだけにとどまらないのが『MARS』の魅力。そのカギを握るのが、窪田さんが演じる牧生の存在だ。

牧生は零(藤ヶ谷さん)に強い憧れと激しい執着心を抱き、キラ(飯豊)との仲を引き裂こうとする青年。この一見、理解しがたいキャラクターである牧生を、「僕が牧生の一番の理解者でありたい」と、変幻自在な若手実力派・窪田さんが違和感なく見事に演じきり、クライマックスでは「気がつけば自然と涙が流れていた」と窪田さん自身が語るほど、台本を超えた怪演を魅せている。

今回到着したのも、その牧生の零に対する挑発的な表情を切り取った1シーン。零の「怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性」に強いシンパシーを感じる牧生が、キラと恋に落ちたことで変わっていく零を許せず、美術室でその想いを直接ぶつける。純粋すぎるがゆえに屈折した想いが残酷な愛に変わっていく様子を描いた、牧生の鬼気迫る場面となっている。

「どれだけ太輔くん演じる零を怒らせられるか考えながら、演じました」と語る窪田さん。「あのシーンでは、零の圧倒的な強さを感じてもらうためにも、なるべく激しく吹っ飛ぶように意識しました」と撮影時をふり返り、「牧生として零の攻撃を受けたからか、思った以上の力で零の体重が首にかかってきて苦しかったのですが、それがリアルで嬉しくなってしまいました。カットがかかったらなぜか2人で大爆笑してしまったけど、役に入っていたから、殴ったり殴られたりが、楽しいと感じられたのかもしれません」と、役ヘの没頭ぶりを明かしている。

SNS上では、「窪田正孝がわたしの涙腺をぶっ壊す初夏」「真っ黒で美しい牧生を演じきった窪田くんを本気で天才じゃないかとおもった。牧生くんを助けてあげたくなりました」「窪田くんの泣きシーンで、何故か私も一緒に泣きました」「窪田くんの声のトーンの変わり方もぜひぜひ聞いてほしい…あれはほんとすごい。ものすごいゾクッとする」など、窪田さんの熱演を絶賛する声が続々。

「HiGH&LOW」シリーズや『ヒーローマニア-生活-』など、2016年上半期だけで出演した映画・ドラマが6作を数え、大人気コミック「東京喰種」の実写映画化にも抜擢された窪田さん。彼の新境地ともいえるキャラクター・牧生に、あなたも魅了されてみて。

『MARS~ただ、君を愛してる~』は全国にて公開中。

最終更新:7月6日(水)12時46分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。