ここから本文です

2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】

MarkeZine 7月6日(水)9時30分配信

2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移

 D2Cは、CCIの協力を得て、インターネット広告市場規模推計調査を実施した。

●インターネット広告費の過半数はスマートフォン広告費

【写真・画像】動画広告費の市場規模 推計・予測

 2015年のインターネット広告費は9,194億円(電通「2015年 日本の広告費」より)、その内、スマートフォン広告費は4,979億円(54%)、PC広告費は4,215億円(46%)となり、スマートフォン広告費が過半数を占めた。2015年と2014年で比較してみると、2015年は、スマートフォン広告費が前年比144%、PC広告費が前年比88%となった。

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移 また、スマートフォン広告費とPC広告費の、2016年の市場規模は、スマートフォン広告費は、5,516億円、前年比111%、PC広告費は4,159億円、前年比99%と予測され、スマートフォン広告費は引き続き高い成長率を示し、PC広告費は減少傾向にあると考えられる。結果、スマートフォン広告費はインターネット広告媒体費の57%に達すると調査では予測している。

●動画広告費、2016年には前年比160%、825億円と推計

 調査ではインターネット広告市場において、近年、急速に成長している動画広告の市場規模に関しても、推計が行われた。2015年の動画広告費は516億円となり、インターネット広告費全体の5.6%を占める。2014年の動画広告費は290億円であり、2015年に動画広告費は前年比178%と推計される。また、2016年の動画広告費は825億円となると予測され、前年比160%と、引き続き高い成長率を示すと推計されている。

動画広告費の市場規模 推計・予測 【調査概要】
 実施期間:2016年2月~5月
 調査方法:CCI協力のもと、インターネット媒体社へのヒアリングおよび各種データ収集・分析を実施

最終更新:7月6日(水)9時30分

MarkeZine