ここから本文です

田所あずさ 自作の曲に大慌て「息継ぎするところがない」

東スポWeb 7月6日(水)5時33分配信

 歌手で声優の田所あずさ(22)が5日、都内でセカンドアルバム「It’s my CUE.」のPRイベントを行った。

 涼やかな浴衣姿で登場した田所は「こんな高そうな浴衣を着られてうれしい」と笑顔を見せた。

 毎年テーマを変えて行われている「ホリプロ・タレント・スカウト・キャラバン」で、“次世代声優アーティストオーデション”と銘打たれて行われた2011年にグランプリを獲得。人気アニメ「アイカツ!」で霧矢あおい役を演じるなど声優の仕事を中心に着々と力をつけてきた。声優という仕事柄、これまでなかなかメディアへの露出はなかったホリプロの秘蔵っ子だ。  

 新アルバムに収録されているアニメ「ルガーコード1951」のイメージソングでもある「アンソリティア」では作詞・作曲に初挑戦。ところが、自分で作ったにもかかわらず「歌ってみたら全然、息継ぎするところがないのに気づいて困った」と天然エピソードを披露した。

 今後の活動については「外見がダメなんで」と女優などの仕事には全く興味がないという。半面、声優への思いは人一倍強い。好きなアニメは「クレヨンしんちゃん」で、映画版も欠かさず見ているほどだ。声優としての目標を問われると「男の子の役をやりたい。いずれは、クレヨンしんちゃんに出たい」。関係者によると「野原しんのすけのものまねを2年くらい練習している」そうで、虎視眈々と“後任”を狙っている!?

最終更新:7月6日(水)7時2分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。