ここから本文です

中国金融機関など25社がブロックチェーン・コンソーシアム「FBSC」結成

ZUU online 7/6(水) 9:10配信

中国の大手金融機関とテクノロジー企業25社が提携し、「ファイナンシャル・ブロックチェーン・深セン・コンソーシアム(FBSC)」を結成した。

ファーウェイやテンセント・テクノロジーといった巨大企業6社をバックにひかえ、中国FinTechを本格的に起動させることで、国際水準への引き上げはもちろん、世界をリードするFinTech国へと成長させる狙いがあると見られる。

世界最大規模の市場を誇る中国だけに、すでに加熱中のFinTech産業で今後どのような勢力拡大を展開していくのか、非常に興味深い。

■様々な可能性を多様な角度から検証

参加企業は安心証券(Essence Securities)、博時基金(Bosera Asset Management)、中国平安銀行(Ping An Bank)、招商銀行(China Merchants Bank)といった金融機関から、恒生電子股有限公司(HUNDSUN TECHNOLOGIES)、深市金科技股有限公司(SHENZHEN KINGDOM SCI-TECH)、ジェネシス・インフォメーション・テクノロジーなどの技術企業まで、中国を代表する25企業が勢ぞろい。

これらの企業に加え、中国平安保険(SINO SAFE GENERAL INSURANCE)やQIANHAIエクイティ・エクスチェンジを含む6社が支援を行う予定だ。

実行委員会の役割は、深セン・ファイナンシャル・インフォメーション・サービス・アソシエーションが担当する。

すでに2回のメンバー・カンファレンスが開催されており、資金調達や研究開発の方向性について、幅広い議論が繰り広げられたようだ。

各企業が多様なブロックチェーン・プロジェクトを請け負い、深セン証券通信(Shenzhen Securities Communication)と証券代行機関が共同で外部のブロックチェーン株式市場プラットフォームについて研究を進めるほか、ウィー銀行(Webank)がブロックチェーンを採用した基本的なプラットフォームやクラウドサービス、市場調査を行う。

ほかにもイーサリアムのウォレットに始まり、デジタル資産台帳に至るまで、様々な角度からブロックチェーン技術を研究し、独自のブロックチェーン構成に役立てようという意欲に満ちている。

■R3、リナックス、GBCに続く大型プロジェクト

ブロックチェーン開発に向けた、このような金融機関や企業による共同作業は、今後ますます盛んになっていくと予想される。

世間から最も注目を浴びているR3は2014年、米FinTech企業、R3CEV LLCが立ち上げた国際ブロックチェーン・コンソーシアムだ。

英バークレイズ銀行、豪コモンウェルス銀行、米ゴールドマン・サックス、米JPモルガン・チェース、クレディ・スイスなど、国際色豊かな企業が続々と参加し、現在42社が加盟する最大規模の組織に成長した。

日本からはみずほ銀行や野村證券、三菱UFJフィナンシャル・グループなどが加盟している。

R3やJPモルガンは、一足先に設立されたリナックス・ファウンデーション(LINUX Foundation)によるブロックチェーン・フレーム開発プロジェクト、「Hyperledger」にも参加。

昨年12月からデジタル・アセット・ホールディングスを中心に、米アクセンチュア、米シスコ・システムズ、富士通、IBMを含むテクノロジー企業と、ロンドン証券取引所、ドイツ証券取引所、米ウェルス・ファーゴ、国際銀行間通信協会(SWIFT)など50社以上と共同で、フレームワーク開発に資金を当時ている。

そのほかドバイでも同様の目的で、「グローバル・ブロックチェーン・コミッティー(GBC)」が昨年9月から活動している。(FinTech online編集部)

最終更新:7/6(水) 9:10

ZUU online

なぜ今? 首相主導の働き方改革