ここから本文です

ストルガツキー兄弟の傑作SF小説「ストーカー」がドラマ化 主演はマシュー・グード

映画.com 7月6日(水)7時30分配信

 [映画.com ニュース] ロシア人作家アルカジイ&ボリス・ストルガツキー兄弟による1972年刊行のSF小説「ストーカー」を、米ケーブル局WGNアメリカがドラマ化するパイロット版に、英俳優マシュー・グード(「イノセント・ガーデン」「シングルマン」)が主演することが決定した。

 アンドレイ・タルコフスキー監督が1979年に映画化したことでも知られる原作「ストーカー」は、異星人が去った後の地球に出現した、不可思議で危険な現象が起きるゾーンと呼ばれる領域に不法侵入し、異星人が残した物品を命がけで持ちだす“ストーカー”たちを描いている。

 米ハリウッド・レポーターによれば、グードはストーカーの1人である主人公レドリック・シュハルト役を演じるようだ。パイロット版は、映画「トランセンデンス」「エイリアン コブナント(原題)」のジャック・パグレンが脚本を執筆。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラーが監督を務める。

最終更新:7月6日(水)7時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。