ここから本文です

大竹しのぶ、笑福亭鶴瓶とのベッドシーンに「自然と拒否が…」

cinemacafe.net 7月6日(水)14時35分配信

直木賞作家・黒川博行による小説「後妻業」を映画化する『後妻業の女』。この度、7月5日(火)、本作の舞台となった大阪にて、完成披露イベント「なにわクルーズ会見」を実施。大竹しのぶ、豊川悦司、笑福亭鶴瓶、監督の鶴橋康夫、黒川氏が登場し、道頓堀川を舟で航行しながら水上の会見が行われた。

【画像】イベントに参加した大竹しのぶら

中瀬朋美(尾野真千子)は苛立っていた。父の中瀬耕造(津川雅彦)が再婚しようと婚活パーティーへ足繁く通うからだ。そうして出会った後妻の小夜子(大竹しのぶ)はブランド物に身をつつむ高飛車な女だった。やがて父耕造が倒れ、やがて容態が急変し耕造は死亡。小夜子に公式証書遺言状を突きつけられ、遺産はすべて小夜子のものになり、遺族にはビタ一文残らないと知らされる。朋美は探偵の本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子のことを調べ始める。

小夜子は、色香で老人を喰う“後妻業”の先兵だった。背後には結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)がいた。高齢の資産家が入会すると柏木は小夜子に紹介、小夜子は次々と老い先短い孤独な男たちを籠絡し、柏木の入れ知恵によって資産を奪い取り、いつも2人で分け前を折半していた。耕造の死後、小夜子は柏木の主催する新たな婚活パーティーへ。2人はそこで不動産屋の隠居・舟山喜春(笑福亭鶴瓶)に目を付ける。デートを重ね、順調に舟山を後妻業の術中に陥れていくが、なんと小夜子が優男の舟山に本気で惹かれはじめ…。

本作を手掛けるのは、ドラマや映画で多くの社会派作品を手がけてきた名匠・鶴橋監督。キャストには、金持ち男をだます主人公・小夜子を演じる大竹さん、小夜子と共に老人をだます結婚相談所所長・柏木役の 豊川さん、小夜子のターゲットとなる不動産王・舟山役に鶴瓶さん。そのほか、永瀬正敏、尾野真千子、風間俊介、津川雅彦ら豪華俳優陣が集結している。

この日、昨年の7月から9月という暑い時期に行われた撮影をふり返り、船に乗り込んだばかりのキャスト・スタッフの面々は暑い撮影の思い出話に花を咲かせた。航行中、今回のクルーズで最も低い橋である深里橋にさしかかると、キャスト・スタッフともども子どもの様にオーバーにはしゃぐ場面も。そして、道頓堀橋界隈に差し掛かると、沿道には大勢の人が集まり、中には子どもが「鶴瓶!」と声をかける場面に、鶴瓶さんは、「呼び捨てにされる喜びというものもある」とにこやかに手を振って答えていた。

大竹さんは「雰囲気も良くて、きつかったけど毎日『楽しい、楽しい』と思っていました。撮影が終わって仲間とサヨナラするのが寂しかったくらいです」と撮影をふり返り、今回一緒にイベントに登場した豊川さんと鶴瓶さんについては、「豊川さんは昔から共演しているので一緒にいて楽だし、楽しいし、芝居なのか分からないくらい自然でいることができました。逆に鶴瓶さんの方が『芝居している』という感じでした。鶴瓶さんとのベッドシーンでは、自然と拒否が出てしまいました(笑)」と明かす。

そして、オファー時に大竹さんとベッドシーンがあると聞いて本を読まずにOKしたという鶴瓶さんは、「大竹さんと濃厚な“からみ”があります」と話し始めると、大竹さんから「からんでないです」とツッコミ。また、「大竹さん演じる小夜子みたいなおばちゃん、シミーズとズロースでそのまま外をうろうろしているような人は昔いっぱいおりました。よー似合ってた。こんな役を演じられる人はもう出てこないんじゃないでしょうか」と大竹さんを賞賛するも、「ラブシーンだけは納得がいかない。大竹さんとのベッドシーンは、実際には手も触れさせてもらえませんでした」と“絡み”についてしつこく語り、「監督から『若いころからずっとかわいがってきた女優さんなんだから、触れないで!』と指示があったんです」と説明していた。

さらに「予告編で私の尻が使われていますが、奥さんには『お友達と映画を観に行ったときの予告で夫の尻を見る気持ちになってみぃや!』と怒られました(笑)」といった裏話も。それについて監督は「鶴瓶さんはとてもきれいな尻をしていました。地球が回っているようだと感じた。あのきれいな尻を撮れたので大満足です」と語っていた。

『後妻業の女』は8月27日(土)より全国にて公開。

最終更新:7月6日(水)14時35分

cinemacafe.net