ここから本文です

<中谷美紀>ノースリーブの白ワンピ姿で告白 「私はひとりが好き」

まんたんウェブ 7月6日(水)16時22分配信

 女優の中谷美紀さんが6日、東京都内で行われた「第27回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の表彰式に出席。ノースリーブで胸元がV字に開いた、白のさわやかなワンピースに、ヌードカラーのヒール、先端にパールが飾られたフープピアスを合わせた爽やかかつ上品な装いで登場した。

【写真特集】中谷美紀、爽やか&上品に…セクシーもプラス

 中谷さんが着用したのはエプロン型ワンピースで、前掛けのように、スカートのフロントがバックの布にかぶさっており、歩くと自然とスリットが入って、セクシーさもプラスされていた。

 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」は、1989年にスタートした伊藤園主催の俳句コンテスト。今回は、海外53カ国を含めた約186万句の中から埼玉県の高校生・吉村英竜さんの作品「ただいまの静かに響く金魚鉢」が最高位の文部科学大臣賞に選ばれた。最終審査員は宮部みゆきさん、いとうせいこうさん、金田一秀穂さん、吉行和子さんらが務めた。

 中谷さんはプレゼンターとして、花束を持って登壇。最高位の作品について、「私とてもひとりが好きな人間なんですね。常に大勢の方々と仕事をさせていただいているので、しーんとした自宅に帰ったときに心からほっとするんです。自分の気持ちと重なっていて、癒やされました」とコメントしていた。

最終更新:7月6日(水)22時35分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。