ここから本文です

2015年のインターネット広告市場調査で広告費は9194億円、スマートフォンが過半数

Web担当者Forum 7/6(水) 12:01配信

NTTドコモや電通が出資してデジタルマーケティング事業を手掛けるD2Cは、2015年1~12月のインターネット広告市場のスマートフォン、PCといった機器別、広告種別、動画の広告費に関する調査結果を7月5日に発表した。インターネット広告費は9194億円で、そのうちスマートフォンは4979億円、PCが4215億円だった。スマートフォンが54%と過半数を占めた。インターネット広告のサイバー・コミュニケーションズの協力で2~5月に行った媒体社へのヒアリングと、電通が2月に公表した「2015年日本の広告費」を基にした。

2015年のインターネット広告費は2014年の8245億円から拡大した。中でもスマートフォンが同年の3450億円と比べて144%と大きく伸びた。PCは同年の47954億円から減少し、88%だった。2016年の予測では全体で9675億円となり、スマートフォンが5516億円で2015年比111%、PCは4159億円で同99%とみている。スマートフォンが引き続き高い伸びを示し、比率は57%に達する。動画広告の市場規模は516億円でインターネット広告費全体の5.6%になった。2014年の290億円・3.5%から成長し、2016年は825億円・8.5%と予想した。

広告種別では、検索連動型、ソーシャル型を含む運用型が6226億円(68%)で、純広告、タイアップなど予約型が1596億円(17%)、アフィリエイトやリワードなど成果報酬型が1372億円(15%)。運用型ではスマートフォンが3810億円でPCの2416億円を上回った。一方、予約型はPCが1043億円とスマートフォンの553億円より多い。スマートフォンだけの種別では、運用型3810億円(77%)、成果報酬型617億円(12%)、予約型553億円(11%)の順。運用型は検索連動型が1752億円(35%)で最も多く、ソーシャル型は523億円(11%)だった。

最終更新:7/6(水) 12:01

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。