ここから本文です

御嶽海が左膝裏を肉離れ 白鵬との稽古で…全治2~3週間「影響は少なからずある」

デイリースポーツ 7月6日(水)6時59分配信

 大相撲名古屋場所(10日初日、愛知県体育館)に自己最高位の東前頭筆頭で挑む御嶽海(23)=出羽海=が5日、愛知県犬山市の出羽海部屋へ出稽古にきた白鵬(31)=宮城野=との稽古で左膝の裏を肉離れした。

 稽古を途中で切り上げ同市内の病院で検査を受けた結果、全治2~3週間かかると診断された。勝ち越せば秋場所での新三役昇進は確実。「早く治して場所を迎えたい。出られると思います」と出場へ前向きに話した。

 アクシデントが起きたのは、白鵬と稽古をしていたときだった。左四つに組み止められた御嶽海は何度か寄ろうとしたが白鵬は動かない。最後は右からの上手投げで転がされた。白鵬と連続して10番目の稽古。疲労もあっただろうが、御嶽海は左膝の裏を押さえたまま起き上がれない。若い力士の助けを借りて稽古場を引き揚げると犬山市内の病院へ向かった。

 検査を終えて部屋に戻った御嶽海は「左膝裏の肉離れです。(場所への影響は)少なからずあると思います。体重をかけると痛い。ちょっと伸ばすと痛い。完全に治るまで2、3週間だと言われました。いつなったか分からない。起き上がったときだと思うが」と話した。今場所は自己最高位の東前頭筆頭。勝ち越せば秋場所の新三役は確実なだけに、痛みに耐えながら気丈に振る舞った。

 6日の稽古は休む可能性があるが、出場に関しては「なるべく早く治して場所を迎えたい。出られると思います」と前向きに話した。

 名古屋場所で初対戦する御嶽海と稽古するために、1時間以上かけて出稽古に来た白鵬も「非常に柔軟性があって、いいものを持ってます。力は十分に出したと思いますよ。そこを(自分が)上回っただけ」と認めている。

 それを聞いた御嶽海は「言われてうれしいです」。本場所で恩返しを目指す。

最終更新:7月6日(水)8時0分

デイリースポーツ