ここから本文です

地震で延期 台中-大分結ぶ定期チャーター便、9月15日に就航へ/台湾

中央社フォーカス台湾 7月6日(水)16時18分配信

(台北 6日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)グループのマンダリン(華信)航空は、熊本地震により就航を延期していた台中―大分間の定期チャーター便を9月15日から運航すると発表した。

同社は紅葉シーズンに合わせた昨年10月と11月、同区間のチャーター便を初めて運航。当初は今年6月2日に定期チャーター便化する予定だったが見送られていた。

毎週木曜日と日曜日にエンブラエル190(104席)で運航。手軽に日本の温泉文化を楽しめるとアピールしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月6日(水)16時18分

中央社フォーカス台湾