ここから本文です

バスケ日本女子はセネガルに快勝!“長距離砲”栗原三佳の3点シュートで逆転

デイリースポーツ 7月6日(水)6時59分配信

 「バスケットボール女子・国際強化試合、日本81-71セネガル」(5日、川崎とどろきアリーナ)

 リオデジャネイロ五輪に出場するバスケットボールの女子日本代表が、同じく五輪に出場するセネガル代表との強化試合第1戦を行い、81-71で快勝した。世界ランク16位の日本は、第1Qに栗原三佳(27)=トヨタ自動車=の3点シュートと高田の個人技などで26-19とリード。44-33で迎えた後半も吉田を起点に攻め続け、同24位のセネガルに主導権を渡さなかった。第2戦は8日に神奈川、第3戦は9日に東京で行われる。

 リオへ向け「メダルへの挑戦」を続けている日本代表。全員が初の五輪という状況の中、チームの鍵を握るのがSF栗原だ。高さで劣る日本が世界の強豪に打ち勝つために、武器とする3点シュートが必要不可欠なのだ。

 第1Q序盤は相手に先行されたが、17-19から栗原のこの日2本目の3点シュートで逆転。以降はリードを守り抜いた。しかし不満も残る。前半は6分の3、チームとしても約47%という高い3点シュートの決定率をたたき出したが、後半は5分の0でチームも32%へ急降下。日本トップの16点を決めたが「決めなきゃいけないシュートを決め切らないと」と唇をかんだ。

 海外遠征の必需品は干し梅で、大好物はお餅。大学まで大阪で生まれ育った、生粋のなにわっ子。愛らしいルックスで人気上昇中だが、内海監督も「思いっきり特徴を出してもらいたい」と期待を寄せる得点源だ。国産の“長距離砲”が、1カ月後の大舞台に照準を合わせていく。

最終更新:7月6日(水)7時44分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。