ここから本文です

モウリーニョ監督、イブラとの再会に「まったくもって美しい」

ISM 7月6日(水)11時58分配信

 マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が現地時間5日、新加入FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(34)との再会への喜びと、同選手への信頼を語った。クラブ公式HPが伝えている。

 マルメ(スウェーデン)、アヤックス(オランダ)、ユヴェントス、インテル、ミラン(以上イタリア)、バルセロナ(スペイン)、パリSG(フランス)と行く先々でリーグ優勝を経験してきたイブラヒモヴィッチ。今季フリーでマンUへ加入し、2008-09シーズンにインテルで指導を受けたモウリーニョ監督のもとで、自身初のイングランド・プレミアリーグに挑戦することとなった。

 モウリーニョ監督はクラブ公式チャンネル『MUTV』で、「ズラタンはズラタンだ」「毎年毎年、勝利を収めてきた。彼の得点記録は驚愕だよ。信じられないほどの、サッカーへの情熱を持っている。あのような経歴を持ちながら、この段階でキャリア最大の挑戦に臨めるのは、そのパッションと野心があるからこそだ」とイブラヒモヴィッチの姿勢を讃えた。

 また、「ここは彼がこれまでプレーしてきたなかで最大のクラブで、最も難しいコンペティションだ。素晴らしい選手だね。監督としてある選手を指導し、数年後にその選手と再会できるのは、美しいことだと思う。まったくもって美しい。それは人間としてもプロとしても、関係性がファンタスティックであることを示している。数年を経て、我々は再び一緒に働くことになった。私はそれに満足しているし、彼が我々にもたらしてくれるものを知っている」と、期待を寄せた。

最終更新:7月6日(水)12時0分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。