ここから本文です

富士通とオラクルが戦略的提携で合意、国内データセンターにオラクルのクラウド環境

Web担当者Forum 7/6(水) 21:16配信

富士通と米オラクル、日本オラクルは、新たな戦略的提携をすることで合意した、と7月6日発表した。富士通の国内データセンターにオラクルのPaaS(プラットフォームアズアサービス)「Oracle Cloud Platform」や「Oracle Cloud Applications」の環境を設置して日本企業とその海外拠点に販売する。「Oracle Cloud」を富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」と連携させ、K5とデータセンター内接続を実現し、システムのクラウド移行を支援する。

Oracle CloudとK5によって、企業のシステムとビジネスに求められるクラウド環境を提供する。K5はデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc(メタアーク)」の中核サービスで、SoE(システムオブエンゲージメント)に加え、SoR(システムオブレコード)領域に対応する。SoEはビジネスプロセス改革や新ビジネス創造を可能にし、SoRは企業内のデータを記録・処理する従来型の業務システムを意味する。富士通はMetaArcやK5の強化に向けてオラクルと戦略的提携する。

最終更新:7/6(水) 21:16

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。