ここから本文です

大谷バースデー適時打「ラッキーですね」22歳自ら祝福!日本ハム9年ぶり11連勝

デイリースポーツ 7月6日(水)6時59分配信

 「楽天3-8日本ハム」(5日、荘内銀行・日本製薬スタジアムやまがた)

 打球が左前へポトリと落ちると、日本ハム・大谷翔平投手は珍しく両手をたたいて喜んだ。2-2で迎えた七回だ。1死満塁から西川の2点二塁打で勝ち越し、なおも1死二、三塁。塩見の直球に詰まりながらも左前へ運び、2点二塁打とした。22歳の誕生日を祝うバースデータイムリーに「ラッキーですね。フォークを狙ってたんですけど、ある程度、振り切ったからです」とニヤリと笑った。

 誕生日に不思議と結果を残す二刀流だ。14年の20歳の誕生日は2本塁打、昨季も代打で安打を放ち、3年連続で誕生日に結果を残している。過去4年間の通算バースデー打率は・417、2本塁打と節目でしっかり打つ。「大きいケガもなく自分の中で成長できている」と実感を込めて振り返った。

 試合前にチームメートから「おめでとう」と祝福を受け、気合が入っていた。九回には快足を飛ばし、遊撃内野安打で今季10度目のマルチ安打を決めた。栗山監督も「誕生日にしっかり走ったことを思い出にしてほしい」と、この日の活躍がさらなる飛躍へとつながることを願った。

 故郷の岩手に近い山形で思い出深い1日となった。「応援をいつもより感じました」。チームは07年以来9年ぶりの11連勝。野手で6試合連続安打と好調な二刀流がいるからこそ、快進撃は止まらない。

最終更新:7月6日(水)7時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。