ここから本文です

NOKKO「昔の曲を歌わせて頂いていることは実り」、母娘エピソードも披露

映画.com 7月6日(水)14時0分配信

 [映画.com ニュース] 「はじまりのうた」「ONCEダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の最新作「シング・ストリート 未来へのうた」の公開直前イベントが7月5日東京・渋谷のシネクイントで開かれ、シンガー・ソングライターのNOKKOがトークイベントに出席した。

【フォトギャラリー】NOKKOが出席したトークイベントの模様はこちら

 伝説のバンドと称されるレベッカの歌姫として1984年にデビューしたNOKKO。作品に出てくる夢を追う若者に自身の姿を重ね、「昔の曲を歌わせて頂いているとか覚えて頂いているとか、励みになっていると言ってくださること。そういうことの方がバンドが売れた成功よりも、もっと深い収穫として実りを頂いていると思います」と今の思いを吐露した。

 1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描かれる本作。大不況にあえぐ85年のアイルランド・ダブリンで家庭崩壊の危機に陥る主人公が、一目ぼれした少女に「僕のバンドのPVに出ないか」と声をかけてしまい、慌ててバンドを結成する。次第に音楽への情熱が沸き上がり、ロンドンの音楽シーンを驚愕させるミュージック・ビデオを撮るべく、曲作りを開始する物語だ。

 衣装も注目されていたバンド時代を振り返ったNOKKOは、「古着をあさってそれを自分で改造していました。そんな服を着てテレビに出る女の人は、当時はいなかったでしょうね」と裏話を明かした。

 一女の母でもあり、「NHK みんなのうた」で放送されている落語家・林家木久扇の歌を、娘と一緒によく聞くという家庭でのエピソードも披露。さらに自身のライブに来た娘について「(幼い頃)歌って寝かしつけていたので、どうしてもコンサートの途中で寝ちゃうんです。去年(のライブ)も寝てましたね。『3曲目までしか聞けなかった』って言ってました」と笑顔で語った。

「シング・ストリート 未来へのうた」は、7月9日より全国公開。

最終更新:7月6日(水)14時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。