ここから本文です

笑福亭鶴瓶、大竹しのぶ絶賛するも「ラブシーンだけは納得がいかない」

お笑いナタリー 7月6日(水)5時0分配信

昨日7月5日、映画「後妻業の女」の完成披露イベントが「なにわクルーズ会見」と銘打って大阪・道頓堀川を航行する船上で実施され、キャストの笑福亭鶴瓶が共演の大竹しのぶ、豊川悦司らとともに出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

財産目当てに孤独で裕福な男たちの後妻に入る“後妻業”を、おかしみ溢れる表現で描く「後妻業の女」。直木賞作家・黒川博行の小説が原作で、「愛の流刑地」の鶴橋康夫監督が映画化した。次々と男たちを騙す女・小夜子を大竹しのぶが、彼女とともに老人から金を巻き上げようと暗躍する結婚相談所所長・柏木を豊川悦司が演じ、鶴瓶扮する“不動産王”こと舟山は小夜子の新ターゲットとして狙われる。

鶴瓶が「大竹しのぶさんとベッドシーンがあると聞き、本も読まずに出演をOKしました。大竹さんと濃厚な絡みがあります」と述べると、大竹からは「絡んでないです」とツッコミが。実際は「手も触れさせてもらえなかった」といい、その理由を「監督から『若い頃からずっとかわいがってきた女優さんなんだから、触れないで!』と指示があったんです」と説明する。さらに鶴瓶は「大竹さんは関西弁が非常にうまく、違和感がなかったですけど、関西の人と付き合ったことがあるんじゃないですか?」とおどけ、「その関西の方には番組で一緒になったときに共演の報告しました。『そんな報告しなくていい』と言っていました」と話して笑わせた。

大竹演じる小夜子については「シミーズとズロースでそのまま外をうろうろしているような人は昔いっぱいおりました。よう似合ってた。こんな役を演じられる人はもう出てこないんじゃないでしょうか」と絶賛した鶴瓶。その大竹には「鶴瓶さんとのベッドシーンでは、自然と拒否が出てしまいました(笑)」とコメントされてしまい、「ラブシーンだけは納得がいかない」としつこく大竹との“絡み”に言及してみせた。また「予告編で私の尻が使われていますが、奥さんには『お友達と映画を観に行ったときの予告で夫の尻を見る気持ちになってみいや!』と怒られました」と裏話も明かしている。

「後妻業の女」は8月27日(土)、全国公開。

(c)2016「後妻業の女」製作委員会

最終更新:7月6日(水)5時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。