ここから本文です

【シュートボクシング】RENAに挑む長身クラウディア「勝つのは私」

イーファイト 7月6日(水)20時32分配信

 7月7日(木)東京・豊洲PITで開催される女子格闘技の祭典『Girls S-cup 2016~七夕ジョシカク祭り~』の前日計量&記者会見が、6日(水)都内にて17:00より行われた。

【フォト】並んで立ったRENAとクラウディア

 メインイベントでシュートボクシング(以下SB)女子世界フライ級タイトルマッチを争う、王者RENA(シーザージム)と挑戦者のWAK-1F女子世界フライ級王者クラウディア・パウィカ(ポーランド)はともに計量をクリアーし、記者会見に臨んだ。

 RENAは、「Girils S-cupも8回目になります。今までたくさんの思い出があります。毎回凄い試合が繰り広げられ歴史に残っています。今年もいい選手が育って、新しい選手が出てきているのでいい試合を見せてくれると思います」と、女子格闘技界のリーダー的存在らしい挨拶。

 続いて、「私は初防衛戦。絶対に負けるわけにはいかないですが、守るつもりはありません。倒しにいって(ベルトを)私の元に戻すだけ。3、4Rで倒します」と、1日に行われた公開練習でも言っていた3Rの終盤から4Rの序盤で倒すとのKO宣言が改めて飛び出した。

 対するクラウディアは、「ベストを尽くしたい。そして私にとって最高の経験にしたいと思います。RENAは非常に素晴らしい選手ですが、私が勝つと思います。私はMMA(総合格闘技)の試合にも出ているので、SBルールにも対応出来る」と自信を感じさせるコメント。

 それを受けてRENAは、「思っていたよりも身長が高いですね。人柄がよくて、秘めたオーラを感じます。明日の(リング上での)豹変が楽しみです」と、クラウディアが油断のならない相手であると気を引き締めていた。

最終更新:7月6日(水)20時32分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]