ここから本文です

清水ミチコが再現ドラマで黒柳徹子役、モノマネだけにならない芝居で挑む

お笑いナタリー 7月6日(水)6時0分配信

黒柳徹子が出演する特番「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」(テレビ朝日系)が今月7月17日(日)に放送され、番組内の再現ドラマで黒柳役を清水ミチコが演じる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

黒柳のモノマネ歴が40年を超えるという清水が、モノマネに留まらない芝居で黒柳の芸能人生をなぞることに。作中で描かれるのは、黒柳がたびたび話題にする「通行人役をクビになった」入局初期のエピソードや、ドラマを生で放送していた時代のハプニングなど、ユニークな逸話ばかりだ。特番の中では黒柳が語り部となり、この再現ドラマに貴重な資料映像や音源を交えて日本のテレビ史約60年を紐解いていく。

先日行われた記者取材会で、清水は「徹子さんになりきるという点では普通の人より慣れていると思うのですが、セリフとなると意外に難しく、事前にしっかり練習をしてから撮影に臨みました」と語る。また連続ドラマ「トットてれび」(NHK)で満島ひかりが黒柳役を演じたことを受けて「徹子さんを演じることができてものすごくうれしいんですが、ご本人にはちょっと言いにくいですね。満島ひかりちゃんが徹子さん役を演じたことをすごく喜んでいらしたので(笑)。でも、徹子さんへの思いは負けていません!」と笑いを交えて意気込みを見せた。

清水ミチコのコメント
徹子さんの話し方は「はっきりと明確に、丁寧な言葉で」というのが特徴。徹子さんになりきるという点では普通の人より慣れていると思うのですが、セリフとなると意外に難しく、事前にしっかり練習をしてから撮影に臨みました。

私は徹子さんのマニアです。「徹子の部屋」は番組が始まった頃から、ゲストではなく徹子さんがおもしろくて観ていましたし、モノマネ歴はデビュー前からなので40~50年になると思います。再現ドラマでは、私なりに徹子さんだったらこう言うかなという想像もあって、セリフをいろいろアレンジさせてもらいました。中には、普段のモノマネからの盗用もありますが(笑)、今回はモノマネだけにならないよう、気持ちを芝居にチェンジして挑みました。

数々のエピソードを演じてみて、あらためてわかったのは、徹子さんはすごくモテた方だったということ。ご結婚をされなかったのは、国民と結婚したからなのかなという気がします。あの時代の徹子さんは新人類というのかしら(笑)。洒落てるし、足も長いし、髪型もおもしろいし。ルックスだけでなく、しゃべることや気がつくことも、おもしろいことがたくさんあって、時代を間違えた人なんじゃないかなと思います(笑)。

今回、そんな徹子さんを演じることができてものすごくうれしいんですが、ご本人にはちょっと言いにくいですね。満島ひかりちゃんが徹子さん役を演じたことをすごく喜んでいらしたので(笑)。こちらは低予算、高年齢ですし(笑)。でも、徹子さんへの思いは負けていません!

私が個人的に知っている徹子さんのエピソードで好きなのは、ご自身が仕事で危険な地域に行かれる時には、飛行機がいくら揺れても「大切な仕事を神様がくれたのだから、私を落とすわけがない」と思って全然動じないのに、休暇で飛行機に乗るときは、ちょっとでも揺れたら「もう死ぬ!」って思ってしまうというお話。チャーミングだし、人生楽しそうですよね。この再現ドラマではそんな徹子さんの極端なところが楽しく描かれています。監督いわく、5~6時間かけて撮影したものが編集で1分くらいになっているらしいし(笑)、濃密な作品になっているのでぜひご覧ください!

黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史
テレビ朝日系 2016年7月17日(日)18:57~21:56<出演者>黒柳徹子進行:羽鳥慎一清水ミチコ ほか

最終更新:7月6日(水)6時0分

お笑いナタリー