ここから本文です

ジブリ作品22本のポスターが切手に、「ナウシカ」から「レッドタートル」まで

映画ナタリー 7月6日(水)7時3分配信

オリジナルフレーム切手セット「スタジオジブリ『ジブリの大博覧会』開催記念」が、7月7日より全国185の郵便局と日本郵便のWebショップ「郵便局のネットショップ」で販売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは同日7月7日より東京・六本木ヒルズの展望台、東京シティビューで開催される展覧会「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」の開催を記念して作成されたもの。1984年公開作「風の谷のナウシカ」から、9月17日に封切りを控える最新作「レッドタートル」まで、スタジオジブリの長編劇場アニメーション22作品のポスターが題材となっている。価格は1セット2900円。「郵便局のネットショップ」では7月7日0時15分より発売となる。

なお、この切手セットは「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」会場内の物販コーナーでも販売される。

ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~
2016年7月7日(木)~9月11日(日)東京都 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー※会期中無休開場時間:10:00~22:00予定(最終入場21:30)入場料:一般 1800円 / 高校・大学生 1200円 / 4歳~中学生 600円 / シニア(65歳以上)1500円

最終更新:7月6日(水)7時3分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。