ここから本文です

これで声だけ!米アカペラグループのPerfumeメドレーがスゴすぎる

シネマトゥデイ 7月6日(水)15時12分配信

 全米No.1アカペラグループ・ペンタトニックスが、Perfumeの楽曲を日本語でカバーした。

【動画】ペンタトニックス「Perfumeメドレー」

 ペンタトニックスは、声だけで人々を魅了し続ける5人組で、YouTubeチャンネルの動画総再生回数は11億回を突破し、2度のグラミー賞に輝くなど、世界中で注目を浴びる人気グループ。以前より日本好きを公言している彼らは、日本デビュー以来、さまざまなところで「近いうちに日本の曲をカバーしたい」と語っていたが、その思いがようやく形となった。

 今回のカバーは「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」「Spending all my time」「Pick Me Up」の4曲をマッシュアップ(混ぜ合わせること)したスペシャルなメドレーで、コーラスだけでなくドラムマシンやシンセサイザーの音まで全て人間の声で表現する圧巻のテクニックと、完璧な日本語を披露している。

 USツアー中だったメンバーは、忙しいスケジュールの合間を縫って、日本語の発音練習を繰り返し、レコーディングに挑んだといい、「Perfumeの曲はどれもすごくクールでエネルギーに溢れていて、それが(選曲の)大きな決め手だったよ。そして、それらを繋ぎ合わせて、メドレーに仕上げたんだ。僕達全員がPerfumeの曲の複雑さに大興奮したよ」と語っている。

 Perfumeのメンバーも「こんっなカバー聴いたことがありません!! 歌い始めの息のあったブレスから迫力がものすごく、展開されていく楽曲たちとメンバーの声のパワーに圧倒されて鳥肌がとまりませんでした。カバーしていただけたことで、楽曲の繊細さや緻密さを感じて、自分たちの歌ですが、より好きになりました!!笑  歌の中やアレンジに、楽曲への敬意が随所に感じられて本当に光栄で…とってもうれしかったです。Thank you Pentatonix」と大絶賛のコメントを寄せている。

 同楽曲は、音楽フェス「SUMMER SONIC」出演を記念して今月27日に発売される日本独自企画盤「ペンタトニックス(最強盤)」に収録される。(編集部・中山雄一朗)

最終更新:7月6日(水)15時12分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。