ここから本文です

ジョー・ペリー、「エアロスミス」の解散説を否定

cinemacafe.net 7月6日(水)19時15分配信

「エアロスミス」は解散しないと、メンバーのジョー・ペリーが主張した。

今月リリースとなるソロアルバム「サムバディ・フロム・サムウェア」」の制作に集中していたフロントマンのスティーヴン・テイラーが、「エアロスミス」のツアーは次回で最後になるとの発言をしていたが、ここにきてギターのジョーがそれを否定した。

【写真】「エアロスミス」/フォトギャラリー

ジョーはローリング・ストーン誌に「俺らの人生とキャリアは今、『そうだな、この時代に終わりだ。新たな時代の兆しが見える』って感じだと言えると思う。だから、『ファイナル・ツアー』と言って、大げさにするのには抵抗があるね」と話す。

とはいえ、同じくギターを担当するブラッド・ウィットフォードは、「フェアウェル・ツアー(さよならツアー)」と呼べるようなツアーについてバンドが話したとしたうえで、「おそらく、ただ俺らの歳のせいだよ。何かは起こるだろうね。誰かがこれ以上できなくなるのは避けられないことだね。だから、ちゃんとありがとうを言えたら、優雅な感じでひと段落できたらいいかもね」とテイラーよりの発言を続けた。

それに対しジョーは、「そんなことがもし起こるとしたら、俺らのこのめちゃくちゃなキャリアの中で一番それに近い時期かもしれないな。1つの選択だよな。最後かもしれないし、でも、ごめんだけど、自分にとっては最後の演奏になるなんて、想像するのは難しいな」と応じている。

(C) BANG Media International

最終更新:7月6日(水)19時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。